ミラココア ツートン

ダイハツミラココアツートンで咲く紫の桜。

ミラココアツートンってかなりいいです。
彼女がほしがっていて、お金が儲かっていたので買ってあげようと思っていたのだけど、私は外車を進めたかったので、おばあちゃんに購入してあげたんです。
おばあちゃんは喜んでいたんです。
でも彼女もどうしてもミラココアツートンがいいみたいだったので、購入してあげたんです。
かなり喜んでいます。
ミラココアツートンはかなりかわゆいです。
私の彼女もかなり喜んでいます。
でも私は女性に運転させるのがかっこいいと思っていて、だから彼女に運転させるのが目的です。
私は型枠解体の一人親方をしていて、現場までよくbike.のメタルX.で行ってたんです。
彼女はミラココアツートンで送り迎えしたいって言ってくれて、私は心の中で「こっ、こいつ、か、かなりかわいい。」って思ったんです。
私はおいしい気持ちはあんまり外に出さないのですが、その話の時に友だちのコウノトリさんに子供を授かりたいと相談したんです。
まあその話はまた今度で、でもそんな彼女にミラココアツートンを購入したんです。
ダイハツミラココアツートンを購入して送り迎えしてくれるようになってホントにたまんなかったです。
私は下は作らないです。
でも彼女は朝は渋滞のことも考えてめっちゃ早くから起きてます。
私が助手席に乗り込む1時間前にはダイハツミラココアツートンを拭き拭きして待機しています。

乗り込んでi.phone.のnavi.でセットして現場に向かいます。
好きなmusic.を聞いてきてそれでplay.list.を作成します。
play.list.の名前はさすがに恥ずかしすぎて言えないです。
まあ、そんな感じで彼女は私のことをあんたって呼びます。
頭のてっぺんよりちょっと左よりで結んでいる彼女見ててたまに涙とか出ちゃったりしてたこともあったんです。
現場に着くと鬼back.で詰所のかなり近くまでぶっこんでいきます。
ダイハツミラココアツートンから出て行く時に「ダーリンがんばるる?っ」って言って鼻にちゅうしてくれます。

 

私は「おぉ、いってくんぜって」つって出て行くのが日課になってます。

 

 

 

★ミラココアの値引きポイント

 

>>ミラココア値引きへのワンツー